tftftft:

美味しかった。閑寂を味わう。

tftftft:

海遊館で見た、椎茸です。

tftftft:

閑かさや

tftftft:

閑かさや

(出典: tftftft)

"

僕が科学者なのは確かだ。何かを発見すると興奮するしね。何かを作り出したから興奮してるわけじゃないんだ。すでにそこに存在してるものの中に、何か美しいものを見つけたから興奮するんだよ。

ファインマン

"

https://twitter.com/shingoemoto/status/484235919050805249 (via stilllll)

" ……先哲の言によれば、主体と客体、魂と物質、主語と述語、私と世界、これらはすべて、互いを前提にして存立し、両者はいわばバロック的な二襞(Zwiefalt)に等しくなる。
 二つの襞は、たえまなく他方を拡げては折り返し、存在を開示しつつ、同時に隠蔽する。差異を自己差異化するこの無限のプロセスが、「私と世界」という二襞にも該当する。
 私が世界の内に存在するには、まず世界が私の内に存在しなければならない。こうした内と外の永劫の反転が、コッホ曲線のように襞を微分、生成し続け、ついにそこに「私」という宇宙が実存することになる。"

諏訪哲史 / ロンバルディア遠景 (via hainooto)

"こんな真夜中に
窓をあけたまま
寝ていたら
夜が入ってくる
じゃないか"

(via she-lab-luck, heimin) (via kimi-no-matsuge) (via 19261231) (via kyoukochang) (via tondemonee) (via sz0320) (via anteocular) (via sakanappi) (via cooosmic) (via pvxvo) (via odekochaaaaan) (via guu-zzz) (via it-shine-reading)

"「はじめてのおつかい」という番組がある。
 年二回ほど放送されている。日本テレビの番組だ。小さい子供が一人でおつかいに行くさまを放映している。1991年から始まっているのですでに20年続いている番組だ。ときに過去の「おつかい」が放映されることがある。90年代の前半の映像には、いまと違う特徴がある。それは「カメラマンが映り込んでいない」ということである。3歳くらいの子供が1キロほどの行程を一人で歩くのだ。それなりに危ない。だからかなりの数のカメラマンが地元民に変装し、また監視役のスタッフも変装して見守っているのだけれど、いまの放映では必ずスタッフが映り込んでいる。カメラマンが先回りしようとして不自然に通り過ぎるところや、慌てて隠れるカメラマンなどが何回も映し出される。最初のころはそういうものは映り込んでいなかった。
 日本テレビのディレクターと一緒に「はじめてのおつかい」映像を見てるときに「昔のはきれいだなあ」とぼそっと言ったのが印象的だった。なに、と聞くと、昔はほんとうに子供が一人でおつかいに行ってる心情に沿って映像が作られていて、そりゃそう作るのが当然のことなんだけれど、スタッフが慌てふためいているところや、ぞろぞろ動いているところなどは一切映ってないんだよ、と説明してくれた。
 どうも視聴者からクレームがついたらしい。
 つまり、かつてのような「ほんとうに子供が一人きりでおつかいに行ってる映像」では、大変危ないではないか、という抗議がいくつか来たらしいのだ。テレビ局はクレームがくるとけっこう対処してしまう。そこで、子どもは本当は一人ではない、複数の大人によって守られているのだ、ということを「わかりやすく」映像に映し出すことにしたのだ。
 映像を作るディレクターの心情としては、昔の、大人が映っていない映像のほうが美しかった、とおもうわけである。テレビ局の人間としては「そんなの大人が守ってるに決まってるだろう」ということなのだけれど、たしかにまあ、それは一生懸命にテレビを見てる田舎のおばあちゃんにはわからないだろう。
 ただ放映されているかぎりは事故はないに決まっているし、それぐらいのことを想像する力はあるはずである。それを想像しないというのは、必死で想像しないようにしているだけだ。スタッフが映り込んでいる姿まで映さないと、放映できない、という状況に、いろんなわれわれの心情が反映されていると思う。
 この場合のクレームは、子供を心配してのことではない。クレームの方向は「子供のことを心配してしまう私の心労をどうにかしろ」ということである。子供の危険を心配している体を装ってるぶん、かなり暴力的なクレームである。要は、テレビを見ていて余計な心配をさせるな、もっと安心して見られるものを提供しろ、という要求でしかないわけだから。
"

活字中毒R。 (via rpm99)

(tessarから)

"・人間の一生で最も無益な感情が二つある。すんでしまったことに対する自責の念と、これから行なうことへの不安である。"

『「自分を変える」読書』 - 紙魚 (via bochinohito)

(kiyopichiから)

"「分かりやすい、とは、すでに持っている情報構造と照合しやすいこと」"

藤沢晃治『「分かりやすい表現」の技術』p.41 (via nozma-books)

(kiyopichiから)